SIMカードの種類は3種類あります。

一番古いのは 標準 SIM と言われているもので25 mm かける15 mm あります。

現在主流なのはなの下で12.3 mm 8.8 mm の大きさです。

少し前の Android 端末ではマイクロ SIM と言われている15ミリかける12ミリのサイズが標準的でした。

SIMカードのサイズは誤って購入してしまった場合交換手数料が3000円程度かかってしまいます。

また新しい SIMカード届くまで前に使っていた SIMカードが使えなくなってしまう期間が発生するため なるべく SIMカードの種類は間違えない方がいいでしょう。

その間は電話やネット通信ができなくなってしまいます。

au 系の格安 SIM ではテザリングはできるのか問題点としてテザリングが正常に使えないことが多いものです。

マイネオ IIJmio では iPhone のモデルでテザリングが駄目になっています。

テザリングができるのは UQ モバイルの一部です。

docomo の iPhone ではこのようなトラブルは起こらないのですが、 iPhone を au 回線で使いたい場合は このような点に注意する必要があります。

キャリア版の iPhone を格安シムで使うにはドコモ以外はかなり難しいです。

docomo au SoftBank で購入した iPhone を格安 SIM で運用することができます。

ですが、キャリア版の iPhone 2はシムロックがかかっているためそのままでは使える SIM が限られています。

簡単なのはドコモ版の iPhone です。

ドコモ版の iPhone はバンドもかなり対応していてドコモの SIM ロックがかかっていてもドコモ回線を使っている MVNO であればそのまま使いますので、 シムロックの解除の手数料や手間もかかりません。

au の場合シムロックの解除が必要ないのはマイネオと UQ モバイルですが、一部はテザリングが使えない喉のトラブルがありますので、テザリングを使いたい場合は端末の乗り換えが必要です。

詳しく説明するとドコモ系 MVNO はマイネオドコモプラン IIJmio タイプ D 楽天モバイル FREETEL といったところで使います。

au 版の場合はマイネオの au プランそして UQ モバイル IIJmio タイプ A 選択します。

ソフトバンクではワイモバイルが使えそうですが、残念ながらワイモバイルは SIM ロックが異なっていて使えません。

b mobile 開幕 SIM ではそのまま使うことができます。

b mobile 開幕 SIM では iPhone 以外の Android 端末は使うことができません。

ので注意が必要です。

安心して iPhone を安く使うためには できるだけ安く iPhone を使いたいけれど 赤ロムになってしまったり壊れてしまったりするのは嫌だそんな場合は iPhone の CPO サービスを使うと便利です。

TPO というのはアップルが正規に整備済み製品として認定した中古端末のことで BIGLOBE などが取り扱っています。

CPO がついている iPhone の場合アップルの保証は受けられるかと言うとアップルによる1年間の保証が付いていて新品と同じようにアップルケアに加入することもできます。

OCNモバイルoneではiPhoneを買える

低価格で iPhone を購入したいという場合は CPO の iPhone を使うという手もあると思います。

BiglobeではiPhoneを契約できます。
家族で使うとお得な SIMカードもあります。

ファミリープランを利用しましょう。

家族で乗り換える場合はファミリープランを使うことで低価格で使うことができます。

MVNO では一人一人の料金が安いのでわざわざ ファミリープランを選ぶほどありませんが、それでもファミリープラン選んだ方がさらにお得になります。

格安 SIM では追加費用を払うことでだいたいには怒る5枚程度の SIMカード追加することができます。

しかし名義を統一したりシェアする量を 規定できない謎デメリットもあります。

ですのでデメリットとメリットを 見極めて選ぶ必要があります。

SIMカードには3種類があると説明しました。

が 通話定額の格安 SIM 選びたい場合 10分後分間のかけ放題ができるサービスもあります。

例えば IIJmio は30分以内の家族通話は何度でも無料になる830円の月額サービスや家族と10分姦家族以外とは3分かけ放題ができる3分かけ放題サービスなどもついています。

楽天モバイルでは10分かけ放題を行っていて850円でつけることはできます。

以前は格安シムは通話料金が高いというのがネックになっていました。

が現在ではほとんどの格安シムが通話放題プランを設けておりそのようなデメリットはなくなっています。

IP ではやはり万能のものではなく090番の代わりには使えません。

というのは遅延が起こったり 音が悪く聞こえたりぶつぶつと切れてしまったりといったことも起こるからです。

ですので正常に通話したいという場合は 繋がりやすさを最優先にしてかけ放題オプションに入った方がいいです。

格安スマホ購入できる場所はどこなのか格安スマホどこに売っているんでしょうか。

それはデジモンと同じく家電量販店 格安 SIM 販売店などで購入することができます。

アマゾンでも楽天でも取り扱いがあります。

そしてヤフーオークションやフリマアプリなどでも買うことができます。

しかしキャリアの中古スマホを購入するときは赤ロムに注意する必要があります。